日本語と少年サッカー

広く日本語に関わることとサッカーについて

試合に出るためにすべきこと

スタメンになるのに凝ったことはいらない

華やかな技は華やかな人たちのもの マルセイユルーレットの誘惑 シンプル イズ ザ ベスト 華やかな技は華やかな人たちのもの 子供に技術を身につけさせようと、本やDVD、ネットを漁って見つけた技を練習させること。 うちも沢山買っている。これ自体はよいこ…

未経験者の親には技術的な課題の解決法が分からない

スタメンの子との能力差 経験者と未経験者の親では見方が違う 分からなければ聞くしかない 課題がわかった後にすべきこと DVDやソフトからの技術吸収 スタメンの子との能力差 スタメンの子とそうでない子。試合に出られる子と出られない子。 練習を見てい…

試合に出られるBチームと出られないAチーム

親としては非常に悩ましい問題であるけれど、子供は意外に適応できていたりする。これは子供の性格や周りの環境というかどんなチームかということも関係してくる。でも親にとってはやはり悩ましい。これ、本来は子供の問題なのであるが、親として気になって…

小柄な子が試合に出るには

体が小さいと少年サッカーでは厳しい チョロチョロうるさいネズミ作戦 あくまで可能性の1つではあるが、やる価値はある 小柄な子でも試合に出るために色々試す 体が小さいと少年サッカーでは厳しい うちの子は、元々どちらかといえば小柄である。加えて成長…

大柄な子が試合に出るには

ないものねだり 大柄で機敏であるに越したことはない 敏捷性に欠けるならそれを逆手に取れば良い 背が高いというだけでサッカーの才能の1つを持っているということ ないものねだり 大柄ではあるが機敏でないために試合に出られない子がいる。うちの子はどち…

試合に出られないのも人生経験とか言う人

全く容認できない考え 生殺与奪権を握る者が言うべきでない言葉 出られない頻度次第で認められるだけの話 宇佐美選手の正論 言葉の使い方に気をつける 全く容認できない考え 試合に出られないのも貴重な人生経験とか言う人。コーチとかで、特定の子供を試合…

ポジションを奪うのは守るより難しい

スポーツにおいて挑戦者はいつも不利 少年サッカーのポジション争いもまた同じ 作戦を立てるのは親の役目 ライバルが強すぎる場合 めでたくスタメンを奪えたら スポーツにおいて挑戦者はいつも不利 ボクシングのタイトル戦では、判定引き分けだとタイトルは…

目に見える現実〜選手数が多ければ出場は厳しくなる

8人制では当たり前だけれど8人がスタメンでそして交代としてプラスαの子が試合に出ることができる。チームの子供が16人以下であれば、単純に考えると上位半分に入ればスタメンで試合に出られる。交代も考えれば6割に入っていれば試合に出られる可能性はある…

ポジション争い

小学生のサッカーの選手繰り 小学生サッカーのポジションは7つある(除くゴールキーパー) ターゲットの絞り方 ポジション争いをどう進めるか プレイヤーズファースト 小学生のサッカーの選手繰り 8人制の場合、キーパーを除くと7人のフィールドプレイヤー…

試合に出るためには短所を潰せばよいというわけでもない

自分の子の長所短所が分かれば、次に他の子と比べて何が足りなくて試合に出れないのだろうかと考える。 まあ、みもふたもないケースだと、自分の子と同じ長所を持つ上手い子がチームにいるから出られないというのがある。相手が少し上手い程度なら追い越すチ…

長所があるのに試合に出られない理由を探す

サッカーにおける自分の子の長所 適性とポジションの単純な当てはめ 本人は何が足りないかわからないことがある 本人が自分のプレーを客観視するには動画が一番 サッカーにおける自分の子の長所 今現在の自分の子の長所は何か考えてみる。そして何か一つでも…

必要なのは絶対的能力ではなくて相対的な差別化

試合に出るという意味では長所と短所は相対的なもの ポジション争いとは差別化のこと 相対的な差の大小は出場チャンスに直結 相対的ということは残酷なこと 前を向くために横もチェックする 試合に出るという意味では長所と短所は相対的なもの 試合に出るた…