日本語と少年サッカー

広く日本語に関わることとサッカーについて

斎藤佑樹という生き方:契約更改会見


日本ハムの斎藤佑樹選手が契約更改会見を行った。特殊ではあるが、プロ野球選手として日本ハムとして対価以上の価値が十分あるなぁと思う。

記事

報道価値

更改年俸1600万円の選手を記者会見まで開けるのは、新人選手と斎藤選手くらいである。そして、このようにちゃんと記事になる。これが毎年恒例になっている。報道価値という意味でプロ野球選手として怪物である。

背景

やはりハンカチ王子、大学での実績による知名度が大きい。それだけなら、球団として更改させるにはまだ弱いが、女性ファンがちゃんとついていることが大きい。演歌歌手の氷川きよし、山内恵介のような感覚で応援しているファンが付いていれば、グッズは売れる。試合に登板すれば、観客動員は増える…ただし、本来はプロ野球選手は、野球の成績で評価されるものなので、観客動員が増えるからと、通用しない仕上がりの選手を出すわけには行かず、日本ハムとしても悩ましいところだと思う。儲かることがわかっていても、出せない辛さ。それでも、年俸1600万円であれば金銭的価値はある。

引退してタレントになれば収入増大が見込めるのにしない

引退してタレントとして活動したら、今の何倍もの収入を得られるはずだが、それを選ばない。まあ、お金のことだから色々あるのでしょう。