時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

排ガス不正…スズキの貰い事故?


排ガス不正絡みの報道がが続く。三菱自動車のドイツ捜査当局による捜査開始発表からすぐ、今度はスズキ。

記事

貰い事故というかなんというか

これ、フィアットから供給を受けたエンジンが問題ということ。単純に考えると、これはスズキにとって貰い事故である。ただし、制御ソフトで調整可能な世界であれば、スズキの負うべき罪は当然ある。スズキは、事態が落ち着いたらフィアットへ損害賠償をすることになるのか。

改善が見られない修正ソフトを作ったことの意味

スズキは修正ソフトを開発し欧州車を改修したが、オランダ陸運局は改善がみられなかったと指摘。さらなる改善措置を求めた。

これの意味するところが不明。修正ソフトを開発し改修までしたのに、改善が見られないと指摘されるのは意味がわからない。排ガス規制には基準があり、それを満たすか否かであるはずである。スズキが修正ソフトを作るのならば、それは規制基準を満たすものであるはずである。しかし、当局は改善が見られないと言う。単純ではないということなのだろう。

三菱自動車との違い

三菱自動車のケースは、ドイツ捜査当局による捜査開始の発表であるが、スズキの場合、2017年に疑いがあることからオランダ陸運局による調査が公表され、今回、不正な排ガス制御をしていると結論づけたもの。故に記事のタイトルも異なる。

三菱は、「不正操作の疑い

三菱自動車を捜索 排ガス試験で不正操作の疑い ドイツ捜査当局 | NHKニュース

スズキは、「オランダ当局が認定

スズキの排ガス不正、オランダ当局が認定: 日本経済新聞

組織が国によって違うのだが、これによるペナルティの違いというものがあるのだろうか。「ドイツ捜査当局」と「オランダ陸運局」では、何か前者の方が怖い。