時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

ラ・リーガ再開緒戦は、久保対メッシの大カードも結果は0-4


たった今、マジョルカ対バルサが終わった。0-4。ラ・リーガ再開後最初の試合が、このカードというのは、日本のファンにしてみれば最高であるが、結果は厳しい。まあ、久保に限れば、フル出場で、外したとはいえシュートを1本放っているので満足感ある。久保対メッシ…入らなかったが久保のドリブルしてらのシュートは、やはりこの人サッカー上手いんだなという当たり前のことしか浮かばなかった。そして、ちゃんと点を決めてくるメッシの神感。

サッカーが戻ってきた

長かった。

試合感想

前半はメッシが魅せれば久保がカットインしてシューターを撃つという見せ場はあったが、後半にマジョルカのチグハグさが大きくなった。まあ、点も入れられ疲労もし、集中し続けることも難しいので、強豪相手にした場合の典型的推移を辿った感じ。悪くいうとマジョルカとしては平常運転になった。

乱入者

無観客試合なのに何故かスタジアムに乱入者。これ、警備上非常に問題であるので、なんらかの措置が取られるのだろう。

バルサのサッパリ感

メッシもスアレスも無精髭剃ってサッパリしてた。ギリシャ哲学者になってたメッシもダメな奴感半端なかったスアレスも、中堅サラリーマンになってて良かった。

結果

久保の惜しいシュートがあったとはいえ、点にはならなかった。実力通りの結果になったということ。サッカーは集団スポーツだけれど、やはり個人技の合算値に勝る方が勝つ可能性が高いという当たり前のことを再認識させられた。