時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

足の遅い子が難しいことなしに敵を抜くドリブル技術(正対編)


少年サッカーにおあて、足の遅い子が、ドリブルで相手を抜く技術。並走して走っているときの技術はこちらに書きました。ここでは、相手と正面で対峙する場合について書きます。適当に「省略ルーレット」とネーミングしておきます。

前提技術

並走編と同様に、次のことができる技術を有することが前提になります。

【必須技術】

・体からボールが大きく離れないように前に進むドリブルができること

・抜き去りたいという気持ち

【望ましい技術】

・アウトサイドまたはアウトフロントのドリブルができること(ドリブルが速くなる)

・両足でドリブルできること

方法

ダブルタッチとかでバシッと抜き去るのがカッコいいし、時間も要せず抜けるので、他の敵がやって来る前に前に進めるのですが、そのような技を持っていないけれど、とりあえず抜きたいので、ジダン選手で有名なマルセイユルーレットの省略形で対応します。縦のスピードは落ちますが、敵の足からボールを離すことができるので、押されたりしたらフリーキックを得られます。

具体的には次の手順になります。
敵との間隔が5メートル(ドリブルスピード、体格、学年により最適な距離を選んでください)を切ったら、どちらかの足の裏でボールを止めつつジャンプして、敵とボールの間に敵に背を向ける形で入ります。敵・自分・ボールの順に一直線になるようにします。この時、できるだけ敵と自分の間が近いと良いです。こうすれば、敵はボールに手を出せません。次に、素早くどちらかの足を使って、弧を描くように足と反対側にボールを転がし、敵と向き合う形になったら前にドリブルします。右足で弧を描くなら、反時計回り、左足で弧を描くなら時計回りになります。これで終わりです。このままドリブルすれば、敵は反転してから追いかけねばならないので、時間がかかります。この後は、敵との駆け引きは並走時のパターンになります。

並走時と比較すると少し難しいので練習が必要ですが、これを身につければ、鬼に金棒です。