時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

相変わらずの斎藤佑樹力


やはり日ハムの顔なのである。日本ハムグループの展示会に参加という「仕事」をこなしている。球団の顔としてグループに貢献している。なんといっても、栗山監督が同席していたのに、写真は斎藤選手という点がもう凄い。

記事

求められるもの

「野球とは切り離して考えようと思っているが、気が引き締まる思い。いろんな思いを背負って一年間やっていければいい」と恥ずかしそうに話した。

この「恥ずかしそうに話した」というのが、もうね。斎藤選手に求められるのは、これなんだろうなと。野球選手でありながら、試合に出ることができなくとも、野球以外で大貢献している例証が、またも蓄積された。

普通はこの時期自主トレの話題

普通はこの時期、プロ野球選手の話題といえば、キャンプイン前の自主トレがニュースになるわけで、その場合、グラウンドや室内練習場の写真が出てくるのであるが、斎藤選手は、幕張メッセでスーツ姿。そして、聞かれるのも、普通のプロ野球選手の定番、今シーズンの抱負ではなく、結婚した奥様のこと。やはり求められるものが違う。こういうプロ野球選手がいることが多様性ということかもしれない。

多様性の進んだ日ハム

日ハムには、斎藤選手のみでなく、強烈なキャラクターを持つ選手が他にもいる。杉谷拳士選手もその1人。杉谷選手は、西武ウグイス嬢のバッティング練習中の口撃を含めたいじられキャラという芸風を確立したプロ野球選手である。こういう野球自体ではなく他に類を見ない特徴を持ったキャラクターが排出される日ハムには、プロ野球は野球だけではないという凄みを感じる。どんな凄みなのか説明不能であるが。

裏話を出す栗山監督

一緒に参加した栗山英樹監督は、斎藤がオフの自主トレーニング中に脚を痛めたことを明らかにし「開幕には全然間に合う。やるしかないだろ」と厳しい言葉で躍進を期待した。

うん、栗山監督は完全に斎藤選手の引き立て役。まあこれもいつものこと。しかも、オフの自主トレーニング中に脚を痛めたという裏話を披露するというリップサービスぶり。ただ、リップサービスは良いことを話すべきだなぁ。これでは、1軍での戦力を期待していないように見える。まあ、栗山監督も、斎藤選手との付き合いが長いから、やり取りも、もうこんなもんなのかもしれない。

斎藤佑樹は斎藤佑樹

結論としては、やはり斎藤佑樹は斎藤佑樹であり、唯一無二の存在であるということ。試合に出ない、勝ち星が少ない、しかし注目度抜群で、親企業の広告宣伝塔として強い安定感を持つ。こんなプロ野球選手は他にいない。まさに斎藤選手は、「斎藤佑樹」という職業のプロである。