時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

帝京第五高校剣道部総監督は副校長という偉い人だった

やっとか…と言うしかない。せっかくの強豪に泥を塗ったし、少なくとも該当期間に在籍した元生徒には、上納金を払った人なのねというレッテルが貼られる。この総監督(実は最近まで副校長だった人)の罪は重い。 記事 総監督としか書いていないが、学校側のコ…

中3の新学期:気になるのは身体測定

中学最後の年が始まった。せっかく成長期に入って喜んだのにクラムジーもしっかり発現して、チームメイトとのプレイレベルの差が、なかなか追いつかない。フィジカルが上がっても体がうまく使えなくなっているという悲しさ。まあ、でもこれも徐々に良くなる…

うちわ会食…にもお金がかかる

このうちわ、使い捨てだと思うけれど…使いまわすのかな?使いまわす場合、毎回消毒するのだろうけれど、それについては、客は不安だと思うがどうなのだろう。 記事 各店舗の配布うちわ数 「まん延防止等重点措置」が出されている神戸市など4つの市の飲食店に…

被害者が金銭的にプラスとなる不思議な窃盗事件

音楽講師のパンプスを盗むというのは、ありがちな性癖の窃盗事件だが、この時間は一味違う。盗んだものと同じ靴、それも新しいものとすり替えたというこの窃盗事件。客観的には使い古しの靴から新品に近いものへの差し替えであり、中古品としての価値は上が…

サガン鳥栖快進撃のブレーキと2試合連続のレッドカード

サガン鳥栖の破竹の勢いが、セレッソに敗れたことで一旦止まった。そして続く川崎戦にも敗れ連敗。この4月には、名古屋戦も控えている。この快進撃と突然の2連敗、どういうことなのか。また、2連敗の試合には共にレッドカード退場者も出している。どうしてこ…

4月にしてもう暑い!阿波おどりの舞台裏

阿波踊り開催を巡って利害関係者が数多登場しているが、その内、これまで推進してきた2組織が鍔迫り合いしているのが、ある意味当事者だったはずの徳島新聞からなされている。当事者と言える立場なので、もちろんポジショントークの記事であろうが、すこぶ…

阿波踊り利権の果ての解散と欲を隠さない新たな参加者

まあ、端的に言って、利害関係者多過ぎ。フラついたタイミングで各自がマウント取ろうとすれば迷走するのは当然の帰結。 記事 登場組織 徳島市の経済団体などからなる阿波おどりを主催する阿波おどり実行委員会 5年契約で阿波おどりの運営を受託する民間の…