時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

欧州プロサッカー:フランス、オランダシーズン打ち切り


新型コロナウイルス感染の影響で、中断していた欧州プロサッカー2019-2020シーズンに進展があった。フランスリーグアンとオランダエールディヴィジが、打ち切りを決定。イングランドプレミアリーグ、スペインラリーガとドイツブンデスリーガは、継続の方向としている。
UEFA EURO2020は、2021年へ延期、UEFAチャンピオンズリーグは、中断中。

UEFA EURO2020

2021年へ延期するが、名称はUEFA EURO 2020のまま。この名称変更しないことの決定は、UEFAの公式発表では、次の3点を考慮したものだとしている。1つ目は、16回大会となるEURO2020は、60周年という記念大会であること。2つ目は、COVID-19のパンデミックという未曾有の困難な状況に陥ったが、サッカーファミリーが団結してこれに当たったことを留めるためとしている。3つ目は、これは東京オリンピックの延期でも言われ、実際はこれが大きいと考えられるが、ロゴ変更に伴う、製造済物販等の廃棄コストを含むコスト増やスポンサーへの影響を考慮した点を挙げている。

UEFAチャンピオンズリーグ(中断中)

継続の方向

フランスリーグアン(途中打切)

【順位決定方法】

1試合あたり勝点

【順位】

1.パリSG(UCL グループステージ出場権獲得)

2.マルセイユ(UCL グループステージ出場権獲得)

3.レンヌ(UCL 予選出場権獲得)

4.リール(EL出場権獲得)

<降格>アミアン、トゥールーズ

<昇格>ロリアン、ラシン

オランダエールディヴィジ(途中打切)

【状況】

25〜26試合消化時点

【順位決定方法】

1試合あたり勝点
【順位】

1.アヤックス(UCL プレーオフ出場権獲得)
2.AZ(UCL 予選出場権獲得)
3.フェイエノールト(EL 予選出場権獲得)

4.ヴィレム
<降格>なし
<昇格>なし

イングランドプレミアリーグ(中断中)

オーストラリアで再開案(豪は、感染を抑えていると言われる国。かつ歴史的につながりのあるイギリスだから出せる案。それでも、感染者の多い英国から選手は、入国できるのだろうか)

スペインラリーガ(中断中)

継続の方向

ドイツブンデスリーガ(中断中)

再開に向け準備中