時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

法律事務所が高額負債で破産のおかしさ


弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が破産って…法律事務所が破産するのか。
負債が約51億円って…オフィス賃料1千万円としても、年間で1.2億円にしかならない。桁違いである。何に対する負債なのか…
広告展開が積極的だったみたいだけれど、それでもこんな金額になるとは思えない。
法律事務所でお金がかかるのは、事務所設備費、事務経費と人件費以外何があるのだ?設備といっても医者の高額な医療機器とは違い、先端機器は不要だろうに。全くもって、謎。

会費の未納が発生していたことで、第一東京弁護士会から破産を申し立てられていた

これはどういうことなのだ。所属する弁護士会から、申し立てられたとかおかしいだろうに。
弁護士は、対外的責任については、無限責任制が基本なので、この51億円の負債は、所属弁護士が追うのだろうけれど…。債権や資本が十分あるならばともかく、弁護士会費未納で申し立てられるくらいだから推して知るべしだろう。

本当にどうなっているのだろう。何に使うと51億円の負債なのか全く分からない。続報が待たれる。