時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

Jリーグ再開!組み合わせの妙


2020年6月27日。満を持してというか、欧州の再開したのに更に待たされたというか、遂にJリーグが再開する。

f:id:cure_researcher:20200627060813j:image

【J3開始前】3ディビジョンカウントダウン

f:id:cure_researcher:20200627154119j:image

【J3開始後】カウントダウンが2つに。

f:id:cure_researcher:20200627225657j:image

【J2開始後】カウントダウンが1つに。

Jリーグ公式ページのカウントダウンも残り少なくなっている。

J3が6月27日15時に最初のキックオフで先陣を切り、J2が同日18時で続き、盛り上げたところで、1週間空けて7月4日にJ1が始まるというのは、まあ、段々と高まる期待を演出している結果になるが、まあ、Jリーグのファンは、多くは各チームのサポーターなので、そのようなディビジョンを用いた演出は不要だと思う。

再開初日の組合せ

コロナ対応のためだろう、できる限り移動距離の少ない近いチームをマッチングさせた組合せである。

J2

東京Vー町田
甲府ー新潟
金沢ー松本
愛媛ー徳島
山形ー栃木
群馬ー水戸
千葉ー大宮
岡山ー山口
長崎ー北九州
京都ー磐田
琉球ー福岡

★絶妙。東京Vと町田は、ヴェルディグラウンドと小野路グラウンドの近さといったら…10キロ離れていないという。まあ、長崎ー北九州、琉球ー福岡が、北九州ー福岡、琉球ー長崎ならば良かったけれど。

J3

岩手ー秋田
福島ー八戸
沼津ー藤枝
相模原ーYS横浜
岐阜ー今治
熊本ー鹿児島
C大23ー鳥取
富山ー長野
讃岐ーG大23
★ん?岐阜対今治?ん?ペアリングの残り物どうしということか?いや、讃岐と今治組み合わせて、岐阜とG大阪23組み合わせれば良いのに。ああ、でもG大阪23はC大23と組んで欲しかった。J1と同じカードをJ3でというのは楽しいのに。それ以外は、岩手ー秋田、福島ー八戸は、岩手ー福島、秋田ー八戸の方が距離的には良い組合せだが、感染者数を考慮したと思われる。何といっても岩手は感染者数ゼロなので、Jリーガーから感染者を出すわけにはいかないから、これは分かる。

J1

横浜FCー札幌
清水ー名古屋
G大阪ーC大阪
大分ー鳥栖
浦和ー横浜FM
柏ーFC東京
川崎Fー鹿島
湘南ー仙台
神戸ー広島

★近接チームの組み合わせという点ではJ2、J3程ではない。G大阪ーC大阪のようなダービーを、横浜FCー横浜FMや川崎FーFC東京もやって欲しかった面はある。札幌が横浜FCというのは一見違和感があるが、札幌は、移動距離削減のため千葉にキャンプを張っているので、実質的には関東のチームになっている。

でもあんまり盛り上がっていないかな

海外サッカーも既に開幕し盛り上がり、期待されつつJリーグが開幕する理想のタイミングで…と言いたいけれど、盛り上がらないなぁ。先行する野球も今ひとつという感じがするし。これは、今年に限った話ではないけれど。