時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

コロナ時代のプロスポーツスタンダード


錣山親方は、弟子の阿炎が「数人のお客様と会食に出たため、大事を取って休場させた」という。これ、プロスポーツのスタンダードになるのだろう。

記事

力士が欠場することの重み

力士は1つ1つの取組みに人生を賭けている。そんな力士が休場するということの重さ。コロナに対する予防処置というのは、それほどのことということ。これがプロスポーツの矜持。特に大相撲は、観覧客が近いこともあり、力士に求められる要求は特に大きい。

会食の是非

タニマチのある世界。相撲取りの世界ではタニマチとの会食は当然のこと。これを親方が禁止するような事態は、確かに大相撲存亡の危機と言える。