時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

自称元フリーカメラマンのレンズ窃盗容疑


何か色々突っ込める時間記事。

365万円相当のレンズ!まずここに驚いた。

記事

1つではなかった

365万円相当のレンズと聞いて、1百万円超えでもなかなかな高級レンズなのにこれは別格と思った。しかし実態は違った。記事本文を読めば、14点の合計額らしいので、それはそれで高級レンズだが、まあ、眼が利く人には、多くのレンズから高級品だけピックアップするのはできそうだなと思った。それでも1点平均で26万円なので高価だけれど。

肩書

捕まった容疑者の肩書きがまたすごい。

自称元フリーカメラマン…うーん犯行に及んだ経緯も素晴らしくて、次のようなもの。

「新作のカメラを見ようと来店したが、フロアに従業員がいないので倉庫に入った」

うん、これは危ない性格だ。フロアに従業員がいないので、展示されたレンズを盗んだ…のではない。倉庫に入って行ってしまうのである。もう出来心というより、ナチュラルに盗みのアイディアが浮かんで実行してしまうのである。何で?まあ、自称元フリーカメラマンとしては、展示されているようなレンズをでは満足行かなかったか、いや、そうではなく、展示品は盗難防止策が取られていて、簡単に盗まなかったということか。それでこの容疑者は、盗難防止策が緩いであろう倉庫で、高価なレンズを手にしてしまうのである。

14点

この数の多さよ。箱に入っているだろうから、結構かさばるはず。これを「手持ちの袋に入れて…、え?手持ちの袋?簡単にバレるだろ、これ。14点の箱入りレンズを手持ちの袋に入れてるんだから。ケースでなく、袋…。

取り敢えず窃盗は成功

こんなの、大きな怪しい袋持ってたら怪しまれそうである。しかし、現実はバレない。これ凄いな。店の外に出られたなんて。さすが、「フロアに従業員がいない」量販店である。しかし、これにより完全に窃盗罪が成立してしまう。

頑張った警察の方

倉庫に侵入したのが、5日午後4~9時ごろで、逮捕されたのが8日。まあ、取りに来て捕まったのが8日ではないかもしれないが、警察官はこのコインロッカーを張っていたのだろう。お疲れ様です。

犯行時期も分からないまずさ…万引き天国?

「5日午後4~9時ごろ、JR池袋駅東口近くの家電量販店のフロア内の倉庫に侵入し」とあるので、この家電量販店は、侵入された具体的時間は分かっていないと思われる。まさか容疑者のが5時間もいるとは思えないので。となると何を意味するかというと、監視カメラが無いということ。これはこの量販店にとってまずいことを報道されたことになる。万引きしやすい店ということを世間に広められたのだから。

動機

「新型コロナウイルス感染症拡大の影響で仕事がなかった。転売目的で盗んだ」と書いてあるのだが、新型コロナであれば、ここ4ヶ月程度のこと。ならば肩書きは、自称カメラマンで良いはず。ここに元が付いているのだから、その前から仕事がなく、カメラマンを廃業していたと読むのが素直では無いか。