時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

罪と罰:元草津町議の刑事事件裁判は、ようやく土俵に乗っただけ


やったやってないの話で、言い出した側が強制わいせつ罪で告訴するも不起訴となり、逆に名誉毀損と虚偽告訴の罪で町長から起訴されたという事件。言い出した側が証拠を出せなかったから拗れたのだろう。但し、ようやく裁判所の土俵に上がったとも言える。元々の事件が被害を受けたと主張する元町議が何ら有効な証拠を出せなかったというのだから、これは元町議不利。何でこうなった。起訴まで行ける証拠をなぜ持たないまま告訴したのだろう。ただし、被害者側は証拠残すの難しいだろうなというのはあるけれど。それにしても、町議だったのでしょ?それくらいのことは理解しているはずだが。

記事

今回の起訴について

元々の元町議のリコールについて