時々のこと

時々気になることと少年サッカーについて

高校1年生の学業成績


早いもので高校に入学し、最初の年も三分の二が経過しつつある。サッカーで進学したり、サッカーで生きていくということを考えられるような子ではないので、今の高校の部活で活躍できたというか楽しめたという青春を味わってもらえれば良いと考えてきた。

しかしその反面、卒業の時期はすぐにやってくると思うので、進路を考えると小学校、中学校の時より学業にも重きを入れる必要を感じている。だから、勉強をしろとか言ったり、1年生のうちから塾に行かせたりしている。ただ、1年生の秋口までは、部活のお作法や体力的なものもあり、勉強まで体力も時間も割けなかったのが実態だった。だから定期テストも、平均点を超えるものは余りなく、赤点をギリギリ回避するといった感じであった。赤点を取ると補習授業やら何やらで部活時間が削られ、それによって顧問の先生の心証が悪くなるからと、赤点回避の点を取ることだけを考えた勉強をしていた。何だかなとは思うが、まあ仕方ないとは思って放っておいた。ただ、秋以降、ようやく体が慣れたようで、ついこの前の試験では、平均点辺りに全ての科目が集まっていた。半数が数点であるが平均点を超えていたので、本人なりに頑張ったようである。毎日帰宅が遅く、かつ疲れている中、時間のやりくりをして頑張ったというより、試験期間中に要領良く勉強した感じではある。しかしとにかく、やればできるという感触は本人の中で得たようなので、良かった。秋口までの状況が続いたならば、サッカーだけに力を入れるようになって、勉強はもう諦めてしまったかもしれないとも思うので、平均近くに得点できたことは本当に良かった。

とにかく高校生活は三年間しかない。勉強も部活も悔いなくやり切ってほしいと思う。