日本語と少年サッカー

広く日本語に関わることとサッカーについて

サッカーは好きか?


せっかく5年間やってきたから、とかあと少しでスタメンになれそうとか

そんな大人の発想による継続の理由より、そもそも子供がサッカーを好きなのかが最も重要なはずである。

でも、これは結構後回しで大人の論理でかんがえがちかと。

例えばサッカーを5年間やってきたとして、それが野球や卓球、水泳に全く意味がないかというと、そんなはずはない。

自分の学生時代を考えてみれば、小中高で異なる部活を選択していた友達がたくさんいるはず。

それならば、小学校の途中で乗り換えたってなんら問題はない。

しかし、なぜか親は、これだけ続けたのだから、途中でやめてほしくないと思ってしまう。

もちろん子供がサッカーを続けたいというのであれば問題はない。
しかし、サッカーが好きではないのに、続けろと言うのは、逆に子供の可能性を見つける機会を失うかもしれないので、もったいない話かもしれない。

そもそも、サッカーをやめて取り組むことはスポーツに限る必要もない。

サッカーは好きかという視点で、子供が続けるべきか否かを決めることは、別に悪い事ではないはず。

だから、サッカーか好きではなくて、続けたくないと子供が言うのであれば、続ける必要はない。