日本語と少年サッカー

広く日本語に関わることとサッカーについて

中学のトレセン


まあ、試合に出ること優先なので、トレセンがどうのというのは余り気にしないようにしているのですが。

セレクション

結局、見られるのは「今の」基礎体力でした。
まあ、 うちの子は小柄で脚は並みなので、期待はできないのですが、参加していた中でもテクニックは上なのに、大きくて足の速い子ばかり選ばれたという感じ。足元やプレー中の状況判断が小学生以下じゃないかという子も選ばれてる。また、脚が突出して速くても、うちの子と同じくらいの背の子は選ばれなかった。その子も今から背が伸びるはずだから、今現在身長が止まりつつある子と比べたら、将来的な脚の速さは想像がつくのに。

成長期前ということ

うちの子は思春期に入ったか未だ確証が持てない段階なので、"今の身長"が基準の1つになるのならば、もう成長期を終えて大人と同じだろという体格になった子に勝てるわけないわ。しかし、それで諦めて良いのかというのはある。
うちの子が成長期を終えるのは、高校生になったからなのだろうな…逆にそんな頃は、勉強して欲しいので、サッカーに余りのめり込んで欲しくないと思うくらい。さすがに背が伸びたからといって自分の子がJリーグ&さらにその上を望めるような才能があるとも思えないし。

仕方ないとは思いたくない

でも、今は仕方ないけれどというのも違うんだよね。大学で本格的にサッカーをやる子なんて、小学校、中学校時代にサッカーやってる子の一部なのだから。小学校、中学校での「トレセンに選ばれた」というのは勲章なんだよね、たとえ地区のトレセンでも。